プロフィール

悲しみ

Author:悲しみ
40歳、会社員、男、独身です。
2007年夏にマンション買いました。
日々の出来事や考えていることを綴っていきたいと思います。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索

いい気になったり 落ち込んだりして
42歳の独身男の日記です
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「どうして」ではなく「どうしたら」
俺は35歳ぐらいの頃から加齢とストレスのせいか、精神的に参ってしまって、
おそらく自律神経が乱れているのか、眠れなくなったりその他いろいろな症状に悩んできた。
それでもなんとかやってきたが、ちょうど一年前くらいの去年の4月、
本格的に体調が悪くなってしまった。
どうしてもベッドから起き上がれなくて会社を休んでしまったり、
電車に乗るのが怖くなってしまって、休日に電車に乗る練習をしたこともあった。

あの頃の自分は、いつも「どうしてこんな風になってしまったのだろう?」と考えていた。
そして、「あの時、あの人に傷つくことを言われたのが始まりだったな」とか
「あの人がうちの会社にやってこなければこんな風にはならなかった」
「あの人に俺の人生を滅茶苦茶にされた」「俺はいつも運が悪い」
「こんな風になる前にさっさと会社を辞めておけばよかった」
・・・等々ずっと考えていた。
それこそ本当に一日中。自分でも呆れるくらい。
休日はずっと過去の恨みごと、ずっと同じことばかり考えていた。

でも、そんなことを考えていても何も変わらなかった。当たり前だ。
たとえ、体調を崩した原因がわかったとしても、誰かをどれだけ憎んだとしても、
何も変わらない。イライラしている自分に気が滅入るだけだ。

そこで自分への問いかけを変えることにした。
何故だかわからないが、俺はいつも「どうしてこんな風になってしまったのだろう?」と考えていた。
それを「これからどうしたい?」「どうすれば自分の望む生活ができるかな?」という
問いかけに変えることにした。

「これからどうしたい?」・・・という問いかけに対しては、
例えば、会社を辞めて家でひとりでもできる仕事をしてお金を稼ぎたいとか、
いや、本当は自分はたくさんの人と関わって本当の自分を出して仕事をしたいとか、
いろいろな思いがあるんだけど、あんまり大きなことを考えちゃうと先に進まないから
なるべく小さなことを考えるようにした。

例えば、「これからどうしたい?」→「セブンイレブンのサンドイッチが食べたい」とか。
じゃあ、あそこにセブンイレブンがあるから、明日買って食べようとか。
今度の休日は○○で買物をしよう。○○に行くならついでに△△にも行ってみようとか。
△△に行くにはどの電車に乗ればいいんだろう? じゃあ調べてみようとか。

こんなことを考えても、現実が劇的に変わるわけじゃないんだけど、少なくとも、
「どうしてこんな風になってしまった?」「あいつのせいだ」「あいつだけは許せない」などと
ずっと考えているよりは、
「○○を食べたい」「じゃあ、あの店に行こう」「あの店に行くならついでにあそこにも行こう」
というようなことを考えていた方がはるかにマシだ。

「どうしてこんな風になってしまったのだろう?」というのは、過去に視点がいってるんだよね。
そして、「あいつのせいだ」というのは、他人に視点がいってるんだよね。
一方、「これからどうしたい?」「どうすれば自分の望む生活ができるかな?」というのは、
未来と自分に視点がいってるんだよね。

今まで自分は、「過去」と「他人」のことばかり考えてしまう癖がついていたみたいだ。
この癖を「未来」と「自分」のことを考える癖に変えていきたいと思う。
極端な話、「これからどうしたい?」「じゃあ、こうしよう」というようなことばかり考えて
毎日を過ごしていれば、毎日楽しく過ごせると思うんだよね。
本当に他人から見たらくだらない小さなことでもいいから、自分の中で
「これからどうしたい?」という問いに対する答えをたくさん持っていて、
それを実現するにはどうしたらいいのかをいつも考えていたら、
なんかいつも楽しい時間を過ごせそうな気がする。

まあ、こんなことを偉そうに書いているけど、どうも俺は、過去のことばかり考えてしまう癖が
強烈にあるみたいで、気が付くと「どうしてこんな風になってしまったのだろう?」と考えていることが多い。
そんな時に、「いけない、いけない、今、いけない思考に走ってしまっていたな」と反省し、
意識的に「これからどうしたい?」「今日はなにしたい?」と思考を変えるようにしている。
まあ、なかなか難しいけどね。

でも、1年前は本当に暗いことばかり考えていたけど、最近は少しよくなってきたかな。
あくまでも、1年前の自分と比べたらの話だけど。
まあ、そんなわけで、「どうしてこんな風になってしまったのだろう?」とは考えない。
考えても気が滅入るだけで何も変わらない。それよりも、「これからどうしたい?」と考える。
「どうして」ではなく「どうしたら」。
自分を好きな女の子だと思って、「これからどうしたい?」って聞いてあげる感じかな。
○○ちゃんのやりたいことをしようよって。

いろいろ書いたけど、少しずつでも復活できるようにがんばります。
そうさ、俺にはやることがあるのだ!!
靴下を履かないと眠れない
俺は寒がりなので、夜、靴下を履かないと眠れない。
冬はもちろん、暖かくなった今頃の季節でも、靴下を履かないで寝ると朝方寒くて目が覚めてしまう。
さすがに夏は履かないが。でも履かないのは本当に真夏だけだ。

いつ頃から靴下を履くようになったのかは覚えていないのだが、
子供の頃、「靴下履いてて暑くないの?」と家族に言われていた記憶があるから
おそらく子供の頃から履いていたのだと思う。

靴下を履いて寝るのはよくないと、よく聞く。
ネットの記事でもそのような記事を多く見かける。
人は寝ている間に、手や足の裏から汗をかくことで体温を調節しているらしいのだが、
靴下を履いて塞いでしまうと、汗が発散されにくくなり、うまく体温調整できなくなってしまうらしい。
また、靴下によって毛細血管を締め付けてしまうので血液の循環が悪くなってしまい
逆に足が冷えてしまうとのこと。そして、結果的に睡眠の質も悪くなってしまうらしい。

うーん、体に良くないということは以前からわかってはいるのだが、
でも、靴下を履かないで寝ると寒くて目が覚めちゃうからしょうがないんだよね。
良くないと思いながらも、いつも靴下を履いて寝てしまう。

俺みたいに、どうしても靴下を履かないと眠れないという人は、なるべくゆるめの靴下を履くといいみたいだ。
それからシルク素材の靴下がいいみたい。シルク素材というのが俺にはよくわからないのだが。
足先まで覆わないレッグウォーマーというのもいいみたいだ。
俺は足先を覆わないと履く意味がないから靴下じゃないとダメだけど。
まあ、これからもう夏だから、しばらくはいいとして、10月ぐらいになったら対策を考えてみるかな。
寝る時用の薄い靴下を探してみよう。10月になったら。
Easy Go
エレファントカシマシの新曲「Easy Go」がカッコいい。
1ヶ月後のニューアルバムが楽しみだ。
エレカシにはいつも力をもらってるなぁ。
やる気が出てきた。不思議だな。がんばろう。
アカシモモカ
24歳ぐらいの頃、音楽雑誌を見ていたら、アカシモモカの記事が載っていた。
詳しくは覚えていないが、小島麻由美が好きな人にはおすすめできる、
というような文章が書かれていて興味を持った。
当時はCDを買いまくっていたので、それだけでCDを買うことを決意。
デビューシングル「昭和喫茶」を購入した。

好きなタイプのアーティストでアルバムが出たら絶対に買おうと思っていた。
ところがその後、シングルを2枚発売してから、新曲がなかなか発売されず、
そのうち彼女の存在を忘れてしまっていた。

それから10年以上経ち、確か2013年とかそのくらいの時(うろ覚え)だったと思う。
彼女のことをふと思い出し、ネットで検索したら2009年にアルバムが発売されていた。
さっそく買おうと思ったが、新品ではなかなか見つからず、仕方なく中古で
アルバム「コスモポリタン・パレード」を購入。
これが、本当にもう超名盤。彼女の個性と才能が詰まりに詰まった一枚。
特に「アリキタリ」という曲が大好き。
結局、アルバムは1枚だけしか発売してないけど、時々猛烈に聴きたくなるアーティストです。

ピザを食べたい
テレビ番組にピザが出ていて、見ていたら無性にピザが食べたくなってしまった。
俺は今まで、宅配ピザというのを利用したことがない。
あれってMサイズ1枚だけとかでも受け付けてくれるのだろうか。
それでも量が多くて食べきれないと思うが…。

それから焼肉も食べたいな。
ひとり暮らし歴23年、ひとり遊び有段者の自分だが、ひとり焼肉はやったことがない。
平日の早い時間(5時とか6時)が狙い目かな。
いつも行こうと思いながらも、まあ家で食べた方がのんびりできていっか、と思って
行けないんだよな。

まあ、大袈裟かもしれないが、人生自分で楽しもうと思わないと楽しめないし、
やりたいと思ったことはどんどんやらないとな。




無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。